メンバー紹介 ごあいさつ

石田.jpg

代表 石田千尋

2019年にドイツのこどもホスピスを利用し、重い病気と闘いながらも家族で楽しく過ごすことのできる環境の尊さを実感しました。利用者やスタッフだけでなく、支援者、地域の人など、こどもホスピスに関わるすべての人たちにとって誇りとなる活動を継続していきたいと思います。

image0.jpeg

​荒川 道子

小児がんの闘病を経て重症心身障害児になった娘とやんちゃな息子を育てています。重い病気や障がいがあってもたくさんの成長をみせてくれるこども達はみんなのヒーロー!!そんなこども達とご家族のために何かお手伝いができればと思っています。

加藤.jpg

加藤瑞穂

大学病院看護師、保健師、訪問看護師を経て、現在は地域の日常と医療をシームレスにつなぎたいとコミュニティナースとして まあるカフェを運営中。日常のなかにつなぐ看護師がいることで、誰しもが1度しか生きられない命を、住み慣れた地域でその人らしく過ごしていけるお手伝いができたらと思います。

山内.jpg

山内こずえ

小児がんの闘病中、こどもが自分自身と向き合い生きる力と優しさにあふれる姿を見て、このキラキラした時間を共有する場を作りたい!と思ってきました。私自身ゆっくりコツコツ型なので福井のペースでじっくりやっていきたいです。

吉岡.jpg

吉岡ちづる

子供が在宅医療を受けていました。お家にいるようなアットホームな雰囲気のこどもホスピスを作りたいと思っています。ハンドメイドと料理が趣味なので、地域の方たちも巻き込んで、そういう活動も施設でできたらイイですね。

吉村.jpg

吉村友紀

ダウン症の9歳の娘を亡くしました。今、闘病中のお子さんやご家族の方が、少しでも気持ちが楽になれるよう、また、一日一日を笑顔で過ごしていただく為に、お手伝いができたらと思っています。よろしくお願いいたします。

名誉館長のご紹介

重い病気と闘いながらも、強くやさしい姿をたくさん見せてくれた、ちいさな英雄たち。
こどもたちの笑顔や思いやりの心、頑張りが、このプロジェクトの出発点です。

ふくいこどもホスピスでは、これまでに頑張る姿を見せてくれたこどもたち、また、これからこどもホスピスを利用してくれるすべてのこどもたちを名誉館長に任命します。

eiyu.png