ふくいこどもホスピス

〜私たちについて〜

image_family.jpg

「おうちかえろか」

小児がんと闘う1歳のこどもが、お空にかえるほんの数日前に病院のベッドで伝えてくれた言葉。これが、ふくいこどもホスピスの原点です。

 

かえりたかった「おうち」ってどんなところ?

 

生まれ育った福井から遠く離れたドイツでの闘病中、おうちのような雰囲気で私たち家族を迎え、家族を笑顔にしてくれたのが、こどもホスピスでした。

 

「おうち」とは、家族みんなが笑顔で、その家族らしく過ごせる場であると考えています。

 

こどもたちが治療中や治療後に地域にかえってきたとき、のびのび遊び、学び、成長できる。家族やきょうだい児に休息を与え、不安を取り除いてくれる。地域のつながりの拠点となる。

 

そんな「第2のおうち」として、病気と闘うこどもと家族をサポートしたいとの想いから、ドイツのこどもホスピスを手本とした「ふくいこどもホスピス」の開設を目指し2021年3月にプロジェクトを立ち上げました。

理念

ふくいこどもホスピスが大切にしている3つの理念

〇「こどもたちの幸せ」をすべての行動の中心に置く

 

〇 人生の伴走者として、生涯にわたり家族に寄り添う

 

〇 関わるすべての人が誇りを感じられる活動を後世に受け継ぐ
 

image_oekaki.jpg
logo_back.png

ロゴのお話

ふくいこどもホスピスのロゴは、夕日と虹をモチーフにしています。

夕日は、強くやさしく穏やかな日本海の夕暮れ時のイメージから名付けられた、ひとりの英雄の名前から。

虹は、ふくいこどもホスピス構想のきっかけとなった、ドイツのこどもホスピス・レーゲンボーゲンラント(regenbogen=虹)から。

 

この夕日と虹を合わせた、「夕虹は晴れ」という言葉があります。

夕方に虹がかかるのは、晴れの前触れ。

私たちのロゴには、そんな想いを込めました。

 

これから、みんなで地域にたくさんの夕虹をかけていきましょう!